NCD事業

NCD事業


専門医制度と連携したNCD事業への参加について

患者さんにより良い医療を提供するために重要な、医療の現状把握を目的に実施される事業(NCD: National Clinical Database)に、当院も参加いたしました。

当事業には、国内の多くの外科系学会(日本外科学会、日本消化器外科学会、日本呼吸器外科学会、日本心臓血管学会、日本血管外科学会、日本乳癌学会等)や、多くの施設(各大学病院、各国公立病院、各公的病院等)が参加しています。

当院も、平成23年1月から当該事業に参加しデータ登録を開始いたしました。

登録されたデータは、国内の医療現状を把握し、がん診療の均霑化等を目的に、患者さんにより適切な医療を提供する為に利用されます。もちろん、個人が特定されるものではありません。

詳しくは、当事業のホームページに掲載されておりますのでご参照ください。

「専門医制度と連携したデータベース事業について」

平成23年1月1日
独立行政法人地域医療機能推進機構 徳山中央病院


NCD事業における皆様の情報の取り扱いについて

NCD事業は、「当院における個人情報の利用目的」のうち、以下の項目に該当いたします。

◎ がん等の疾病登録への情報提供

◎ 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料

※ 病院外に個人が特定可能な情報は、提出いたしません。

※ 「当院における個人情報の利用目的」の定めに従い、不同意の意思表示がなされない場合は、同意されたものとして取り扱われます。

※ この申し出については、いつでも撤回・変更等を行う事が出来ます。



PageTop