地域がん診療連携拠点病院


当院は、平成15年12月16日付けで、厚生労働大臣から、「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けております。

(目 的)
 地域がん診療連携拠点病院とは、政府が掲げる「第三次対がん10ヵ年総合戦略」の一環であるがん診療における質の均てん(すべての生物が均しく雨露の恵みを受けられること)」を目的として二次医療圏に1病院の割合で施設整備されているものです。
 具体的には、がんの集学的治療、セカンド・オピニオン提供、緩和医療提供、地域医療との連携、専門医師・専門的コメディカルの配置、相談支援センター等の設備の体制を整え、地域の医療機関との診療連携を推進し、地域患者に対する質の高いがん医療を提供し、がん医療の均てん化を目標として国が指定する医療機関です。

(使 命)
がん治療において、地域住民の福祉に貢献する。

(体 制)
「がん診療管理委員会」に小委員会として「がん診療情報管理委員会」、「がん化学療法小委員会」及び「緩和医療委員会」を設置し、次の体制の整備、充実に努めております。

 

1 診療機能

 がん治療のクリティカルパスの整備
 チームによる緩和医療の提供体制の整備

2 診療従事者

 がん治療に関して精通した医師、看護師、薬剤師及び診療放射線技師等の配置

3 医療施設

 外来化学療法室の設置

4 研修体制

地域かかりつけ医等を対象とした、早期診断、化学療法及び緩和医療等に関する研修の実施

 公開カンファレンスの定期的開催
  令和元年(1回開催)
  平成30年(2回開催)
  平成29年(2回開催)
  平成28年(2回開催)
  平成27年(2回開催)
  平成26年(2回開催)
  平成25年(2回開催)
  平成24年(3回開催)
  平成23年(3回開催)
  平成22年(2回開催)
  平成21年(3回開催)

●緩和ケア研修会 受講者リスト

5 情報提供体制

 相談支援センター(医療相談室)等の設置及び専任者の配置
  ▶がん相談支援センターについては【こちら】

院内がん登録
 入院患者の全てを厚生労働省の「院内がん登録 2006年度版」により登録。
 山口県地域がん登録票」を作成し、地域がん登録センターへ報告。

直近の院内がん登録数
 平成30年 1,509件
 令和元年  1,585件
 令和2年  1,602件

(県内の指定医療機関)
○山口県がん診療連携拠点病院
--県内の地域がん診療拠点病院の指導
山口大学医学部附属病院

○地域がん診療連携拠点病院
--各地域において専門的ながん治療を他の医療機関と連携して提供
独立行政法人国立病院機構 岩国医療センター
山口県立総合医療センター
下関市立中央病院
山口県厚生農業協同組合連合会 周東総合病院
独立行政法人 地域医療機能推進機構 徳山中央病院

○地域がん診療連携推進病院
--各地域において専門的ながん治療を他の医療機関と連携して推進
山口県厚生農業協同組合連合会 長門総合病院
医療法人医誠会 都志見病院
(リンク先)
  国立がんセンター [がん情報サービス]
  独立行政法人国立病院機構 呉医療センター
  独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター
  独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター
  - 子宮頸がん予防ワクチンの接種についてはコチラから -

PageTop