病院長挨拶
病院紹介
新型コロナ感染症関連情報
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
ご意見への回答一覧
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
訪問看護ステーションのご案内
健康管理センター
附属介護老人保健施設

院長挨拶


 令和3年4月1日より前任の那須誉人院長を継いで、JCHO徳山中央病院の院長を拝命しました沼 文隆です。どうぞよろしくお願い申し上げます。当院は昭和21年に旧海軍第3燃料廠付属の病院を基に社会保険病院として設立されて以来、今日のJCHO徳山中央病院に至るまで、周南医療圏の中核病院の役割を担ってまいりました。本年で75周年を迎えます。これも多くの先達の努力はもとより、国・県・市行政ならびに地域住民の皆様方、山口大学医学部、医師会等関係機関、その他多くの方々の御理解と御支援の賜物と深く感謝申し上げます。

 当院は地域医療支援病院、救命救急センター、災害医療センター、地域周産期母子医療センター、小児救急医療拠点病院、へき地医療拠点病院、がん診療連携拠点病院、がんゲノム医療連携病院等多くの機能を有し、5疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)5事業(救急医療、災害時における医療、へき地医療、周産期医療及び小児医療)に注力してきました。また新型コロナ感染症禍に感染症指定医療機関としても真正面から取り組んできました。こうした伝統を引き継いでさらに発展させていくことが、JCHOの理念にもかない、地域住民の皆様ひいては地域社会に貢献できるものと信じております。

 今後もこれらの責務を果たしていくとともに、最大限の感染予防策を講じつつ、救急医療・専門医療に職員一丸となって努力してまいります。ご理解ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和3年4月  
独立行政法人地域医療機能推進機構 徳山中央病院 院長
沼 文隆
PageTop