病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
ご意見への回答一覧
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
訪問看護ステーションのご案内
健康管理センター
附属介護老人保健施設

臨床研究:胎児発育不全症例における神経学的予後に関する研究について


 当科では早産かつ胎児発育不全で出生した新生児の予後を調査しています。胎児発育不全の多くは原因不明であり、早産週数の胎児発育不全は妊娠管理に苦慮することが多くあります。出生前のどのような因子が予後に関連していたのかを後方視的に検討することにより、適切な分娩時期を決定する根拠を得ることを目的としています。
 本研究は診療録を後方視的に調査するものであり、患者さんの不利益は生じません。個人情報については、厳重な管理を行い、学会や論文の公表時には、個人が特定されないようにします。
 研究対象期間は、平成16年1月〜平成25年12月です。
 尚、本研究は当院倫理委員会の承認を得ています。

PageTop