病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
ご意見への回答一覧
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
訪問看護ステーションのご案内
健康管理センター
附属介護老人保健施設

臨床研修-緩和ケア

各診療科より

診療科の特徴

itoutakehisasdw_R顧問兼緩和ケア部長  伊東 武久

平成20年12月1日、当院に緩和ケア病棟を開設したのに伴い緩和ケア内科を新設しました。

病院に併設された緩和ケア病棟は山口県では山口赤十字病院、安岡病院、山口宇部医療センターに
次いで4番目で、山口県東部では初めてです。

また地域がん診療連携拠点病院の中に緩和ケア病棟を持っている病院は少ないです。対象患者は主に悪性腫瘍患者で、腫瘍の痛みなどの肉体的苦痛のコントロールや精神的苦痛、社会的・スピリチュアルな苦痛を緩和し、QOLの改善を目的とした全人的医療を目指します。

さらに患者だけでなくその家族の精神的な苦しみに対しても支援することを基本構想としています。そして地域連携を密に行い、在宅や外来への円滑な移行を目指します。医師は元産婦人科医の専任医師と脳外科医の併任医師の2名です.病床数は25床で常に満床です

研修することで習得できるもの

①がん性疼痛の評価と治療(オピオイドの使い方) ②呼吸困難 ③消化器症状(嘔気・嘔吐)
④気持ちのつらさ(うつ) ⑤せん妄 ⑥コミュニケーション 
⑦地域連携と治療・療養の場の選択 ⑧倦怠感 ⑨包括的アセスメント 
⑩治療,ケアのゴールを話し合う ⑪アドバンス ケア プランニング ⑫輸液と栄養
⑬苦痛緩和のための鎮静 ⑭Death Approaches
PageTop