病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
緩和ケア集合研修

脳神経外科

1.脳神経センターについて:

 平成19年には脳神経外科と神経内科が連携して診療を行なうために「脳神経センター」を開設しました。これにより、くも膜下出血・脳出血・脳梗塞等の脳卒中をはじめとして頭部外傷、脳腫瘍、炎症・感染疾患、神経変性疾患、脱髄疾患等の脳・神経疾患を両科で協力して診療することができる様になりました。
 更に本年4月からは脳卒中専門医により、新たに脳卒中内科の診療を開始しています。
 平成23年4月からは救命救急センター内に脳卒中専用病室(Stroke care unit; SCU) が開設され、現在は11床にて運営しています。このSCU病床は脳卒中や頭部外傷、神経変性疾患を始めとして、重症脳神経疾患を患われた患者様の初期診療を目的として運用されており、より高度な医療と手厚い看護を提供できる様になっております。
 現在、当センターには4名の脳神経外科医(専門医4名)と3名の神経内科医(専門医3名)が在籍しており、脳卒中や神経変性疾患を始めとする脳神経疾患患者の診療に24時間体制で取り組んでいます。
 当院では脳卒中や頭部の重症外傷、神経変性疾患に関しては24時間体制で臨んでおり、緊急患者様に対応するため頭部MRI検査およびCT検査は24時間施行可能な体制を整えています。脳梗塞に対してはrt-PAを用いた超急性期血栓溶解療法およびカテーテル治療による血栓回収術も積極的に行っています。急性期、慢性期の血行再建術、脳出血に対する緊急手術(開頭血腫除去術および内視鏡的血腫除去術等)、破裂脳動脈瘤に対する急性期開頭手術や血管内手術も行っています。破裂脳動脈瘤の開頭手術に際しては蛍光色素を用いた血管の保護も行っています。脳腫瘍に対してはナビゲーション・システムを用いた安全・確実な摘出手術を心がけています。
 頭部MRI装置は3.0テスラが2台、1.5テスラが1台の計3台が稼働しています。頭部CT装置は320列マルチスライスCTと全国的にも最先端の装置を導入し、診療にあたっています。
 周南地区の中核的、二次救急担当病院として、24時間体制で脳卒中を中心に『患者様の意志を尊重した治療』を合言葉に診療を行なっています。

2.脳神経外科の診療内容、診療実績:

 平成29年1月から12月までの1年間の脳神経外科入院患者さんの総数は延べ606名でした。神経内科への入院患者延べ総数は348名であり、合計954名(新入院患者数は886名)が1年間に脳神経センターへ入院されています(表1)。入院患者さんのうち救急車による搬入が489件と約半数を占めていました。25年度は救急車による搬送が175件と全入院患者さんの約5分の1であったことを考えると、重症患者の割合が年々飛躍的に増加していると考えられます(表1)。


 脳神経外科の手術件数は平成26年度247件、27年度237件、28年度250件と年々増加しており、29年度も276件と、増加傾向が続いています(図1)。また表1にお示しする様に、29年1月から12月までの1年間の外来患者さんの述べ総数は脳神経センター全体で18,639名でした(脳神経外科14,338名、神経内科4,301名)。28年度が脳神経センター全体で17,848名、27年度は19,721名であり、外来患者さんの数は、ほぼ同様な数で、推移しています。


 平成29年度の入院患者さんのうち、脳卒中患者さんが517名(平成28年度は514名)と全体の約3分の2を占めており、脳梗塞および一過性脳虚血発作の患者数が361名(平成28年度も361名)と脳卒中患者さんの大半を占めておられます(図2)。平成21年度や平成22年度の脳梗塞および一過性脳虚血発作の患者さん総数が、それぞれ230名、265名であったことを考えると、虚血性脳血管障害を発症し、当院へ入院される患者さんの数が年々増えていることが明らかとなりました。
 一方、くも膜下出血患者さんの数は平成29年度が39名でした。平成28年度のくも膜下出血患者数は42名、平成27年度37名、平成26年度28名、平成25年度29名、平成24年度39名、平成23年度36名、平成22年度38名、平成21年度35名であり、この8年間でほとんど数に変化がみられないことが分かります(図2)。
 脳出血患者さんの数も同様に、平成29年度が118名、平成28年度は104名、平成27年度116名、平成26年度110名、平成25年度135名、平成24年度130名、平成23年度119名、平成22年度124名、平成21年度116名と、こちらも殆ど入院患者さんの数に変化がみられませんでした(図2)。食生活の欧米化等により、虚血性の脳血管障害患者さんの数は今後も増加していくものと考え、24時間体制での緊急患者さんの受け入れに努めていく所存です。


 手術件数の内訳を表2に示しています。脳動脈瘤破裂により発症するくも膜下出血に対しては、急性期直達手術およびコイルによる血管内手術(塞栓術)の両方が施行可能です。平成29年度には直達手術を23名に血管内手術を3名に行っています(平成28年度には直達手術を26名に血管内手術を2名に行っています)。症例により最適と考えられる治療法を選択して治療にあたっています。術後の脳血管攣縮に対して、必要に応じて血管拡張術も行っています。また脳動脈瘤を破裂前に発見し治療するために検診部門と連携して脳ドックを行っています。脳腫瘍、未破裂脳動脈瘤等の疾患が発見された場合には、『患者さんの意志』を尊重して治療方針を決定しています。現在、未破裂動脈瘤に対しては、当院では主に直達手術(開頭手術)を選択しており、カテーテルによる血管内手術(塞栓術)を希望される患者さんについては、山口大学脳神経外科へ紹介しています。平成29年度には直達手術を11名に行っています。
 慢性期の血行再建術として頸動脈狭窄に対する治療を積極的に行っています。平成29年度には頸動脈内膜剥離術を3名に、血管内手術であるステント留置術を9名に行っています。


 脳梗塞に対してはrt-PAによる急性期血栓溶解療法を積極的に行なっています。rt-PAによる血栓溶解療法の適応基準が発症後3時間から発症後4時間30分に延長されたこともあり、平成29年1月から12月までの1年間にrt-PAによる急性期血栓溶解術を受けられた患者さんは、図3にお示しします様に33名おられました(平成28年度は23名)。また近年ではrt-PAが行えなくても、発症後8時間以内で条件を満たせば、血管内手術(カテーテル手術)により血栓を除去し、脳血流の再開を果たすことが可能となっています。当院でもカテーテル治療による血栓回収術を積極的に行っており、平成25年度は7名、平成26年度は4名、平成27年は9例、平成28年は8例の患者さんに血栓回収術を起こっていました。近年、血栓回収に用いられるデバイスが進歩したこともあり、より積極的に治療が行われるようになり、平成29年度は15名の患者さんに急性期血栓回収術を行っております。
 急性期の血栓溶解療法を行うためには早期診断が重要であり、夜間も専門医はオン・コール体制を放射線技師は当直体制を整えており、迅速な診断ができる様に努めています。今後は更に急性期血栓溶解療法が迅速かつ安全に行えるように体制の確立に努めていく予定です。
 脳梗塞の中でも脳塞栓症を発症しておられる患者さんについては、後遺症の軽減を目的とし、積極的に高気圧酸素治療を受けて頂いています。
 脳出血・頭部外傷については全身状態の把握につとめ、状態によっては緊急の血腫除去術を行っています。脳内出血の除去方法としては最近では内視鏡を用いた、より安全で肉体的負担の少ない手術法を採用しています。
 脳卒中・頭部外傷ともに早期のリハビリテーション開始に努めています。脳卒中を始めとした脳神経疾患専任の理学療法士が5名、作業療法士も6名、言語療法士が3名在籍しており、発症早期より密度の濃いリハビリテーションを行っています。脳神経疾患の機能回復には連日の訓練継続が重要と考えており、土曜・日曜、祭日も休みなく機能回復訓練を行っています。
 脳腫瘍については手術・化学療法・放射線治療を組み合わせて治療にあたっています。治療方針の決定には患者さん本人および御家族の意志を尊重、最優先しています。手術に際してはナビゲーション・システムや蛍光システムを用いることにより、安全かつ迅速な処置に心がけています。平成29年度には33例の開頭腫瘍除去術を行っています。


3.医療機器等

 MRI 3台(3.0テスラ2台、1.5テスラ1台)、multi-slice CT 2台(320列マルチCT, 64列マルチCT)、RI装置1台が現在稼働しています。また、脳血管撮影装置についても最新型フラット・パネルが23年11月に導入され稼働中です。脳梗塞の治療目的にて高気圧酸素治療装置が導入され、連日稼働中です。リニアックは平成23年度に最新式の装置に更新されており連日稼働中ですが、定位脳照射が可能なノバリスTx装置が平成26年7月から導入されており、稼働中です。

 

診療スケジュール

曜日/時間 午前 午後
月曜日 [2診]
  原田 有彦
火曜日 [2診]
  上田 祐司
[3診]
  原田 克己(初診)
水曜日 [2診]
  原田 有彦
[3診]
  原田 克己(初診)
木曜日 [1診]
  原田 有彦(初診)
[2診]
  上田 祐司
[3診]
  森廣 雄介
金曜日 [1診]
  第1、3、5週
  原田 有彦
[1診]
    上田 祐司(初診)
[3診]
  原田 克己

担当医師

主任部長   リハビリテーション部管理部長 原田 有彦 昭和59年卒 日本脳神経外科学会(専門医、指導医)・日本脳卒中学会(専門医)、日本プライマリ・ケア連合学会認定医/指導医
日本脳神経外科学会・日本脳神経外科コングレス・日本脳卒中の外科学会・日本脳神経血管内治療学会・日本脳卒中学会・日本プライマリ・ケア連合学会・日本脳ドック学会
副主任部長 上田 祐司 平成元年卒 日本脳神経外科学会(専門医、指導医)・日本脳卒中学会(専門医)・日本脳卒中の外科学会(指導医)
日本脳神経外科学会・日本脳神経外科コングレス・日本脳卒中学会・日本脳卒中の外科学会・日本脳神経血管内治療学会・日本頚部脳血管治療学会・日本神経科学学会・日本脳低温療法研究会・米国神経外傷学会(National Neurotrauma Society)
部長 原田 克己 平成8年卒 日本脳神経外科学会(専門医、指導医)
日本脳神経外科学会・日本脳神経外科コングレス・日本脳卒中学会・日本脳卒中の外科学会・日本脳腫瘍学会
部長 森廣 雄介 平成16年卒 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経外科学会・日本脳神経外科コングレス

患者様紹介時のお願い


原則24時間体制で入院、治療の受け入れを行なっています。脳梗塞など超急性期の診断治療が重要となってきていますので症状があれば早期に紹介してください。

治療後は後遺症のため自宅への退院が困難な場合には近隣の病院、老健施設等に紹介しています。自宅退院の場合には紹介元の先生に紹介し当科でも経過観察しています。

主な検査機器等


MRI,multi-slice CT,Xe-CT,IVR-CT,リニアック、ナビゲーションシステム等

PageTop