病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
ご意見への回答一覧
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
訪問看護ステーションのご案内
健康管理センター
附属介護老人保健施設

第3回 徳山中央病院 緩和ケア研修会を開催しました。

第3回 徳山中央病院 緩和ケア研修会を開催しました

 平成23年7月16日(土曜日)と7月17日(日曜日)の二日間にわたり、徳山中央病院の
本館11階大会議室で緩和ケア研修会を開催いたしました。

( 対 象 )
 対象は、周南地域二次医療圏に属する徳山医師会、下松医師会及び光市医師会の
先生方で、がん診療に携わられている先生方です。

 当日は、医師11名に緩和ケアに関係している看護師等メディカルスタッフの方々を加えて
合計24名の医療従事者が休日を返上して研修に取り組みました。

( 目 的 )
 国民が、『いつでも、どこでも切れ目なく、がんの苦痛(身体と心のつらさ)に対する質の高い緩和ケアを受けられる』ためには、「がん対策基本法」およびそれに基づく「がん対策推進基本計画」に示されているように、すべてのがん診療に携わる医師が、研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を取得していくことが求められています。

 今回の研修では、痛みを和らげる医療の知識や技術を深めるための講義やワークショップのほかに、三人で医師役、患者役、観察者役を交代で演じるロールプレイもあり、会場では医師ががん患者さんの気持ちになりきって演じられるなど、診察室において、医師の前の患者さんがどのような思いを抱いていらっしゃるかなど、貴重な体験もしていただきました。

(今後の取組み)
 2日間:約13時間の研修を終えられたアンケートでは、大変有意義な研修であったとの回答をいただき、また、他の医師にも受講を勧めたいとの感想もいただきました。

 当院も、緩和ケア病棟だけではなく、緩和ケア内科外来、緩和ケアチームの各活動において、この研修の成果を生かしていきたいと思っております。

 また、院内には、緩和ケア認定看護師やがん性疼痛緩和認定看護師もおりますので、医師と協力して、がん患者さんに求められるよりよい緩和ケアを早期から提供できる体制づくりに努めたいと考えております。

 当院は、周南地域の「地域がん診療連携拠点病院」として、今後も定期的に開催する予定です。

 今回の研修をもとに、次回もより良い研修が提供できるよう、地域基幹病院として頑張っていきます。次回の参加をお待ちしております。


●今回の研修風景等を掲載します。
(ポスター) (修了証書:見本)

○がん患者とその家族が早期から、
切れ目なく緩和ケアを受けられるよ
うになるために・・・・     

○証書には、今回の緩和ケア研修が、
厚生労働省健康局長の承認を受けたも
のであることが証明されています。 

(講義風景) (グループワーク風景)

○緩和医療の知識、技能、診療態度
の講義等々・・・。       
まる二日間、缶詰状態です。   

○症例毎に疼痛の評価、治療、地域
医療連携などを、グループ毎に時間
をかけて検討し、発表しています。

(ロールプレイ風景) (修了証書授与風景)

○医師が患者役になってがん告知を受け
てみて患者の気持ちが少し解りました。
研修医の先生も頑張っています。

○2日間の研修を終えて・・・。
お疲れ様でした。       

PageTop