病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
ご意見への回答一覧
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
訪問看護ステーションのご案内
健康管理センター
附属介護老人保健施設

当院の放射線治療の詳しい説明

放射線治療

放射線治療はがん治療の3本柱の一つとして手術や化学療法とともに重要な役目を果たしています。特に臓器の形態や機能を温存する点において優れた治療法であり、また手術の難しい部位や、体力的に手術の難しい高齢者の方にも広く放射線治療を行われています。

良い放射線治療とは、腫瘍の正確な位置に最適な量の放射線を当て、腫瘍を消滅、縮小する事です。
当院では、放射線治療装置(リニアック)に専用のCT装置を合体させた、CT 同室リニアックという高精度放射線治療装置を導入しています。

bcfb5d59c7aad609e9bec9729d7a95a4 851b696ed1d981c8052c52f73cd8f10f

CT同室のメリット

1.正確な治療計画を行う事が可能
放射線治療をするポジション(体位)の位置を合わせした後で、そのままCT 撮影をする事により正確な治療の計画を立てる事ができます。体内の重要な臓器を避けた副作用の少ない放射線治療を行う事が可能となります。

2.放射線治療直前に腫瘍の位置を確認して治療できる
放射線治療を行う時、ポジションの位置合わせをした後で、位置合わせが正しくできているかどうか、CT 撮影をして確認できます。もし位置が数ミリでも違う場合は修正して放射線治療を行います。


rt03放射線治療計画の一例
患者さんごとにきめ細かい放射線治療計画を実行します。







rt04治療計画が正しい事を確認してから治療を行います。








rt05放射線治療受付と診察室
待合室風景










最新のシステムで、さまざまな臨床ニーズに対応できる精度の高い放射線治療を行っています。

PageTop