病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
ご意見への回答一覧
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針

子供の権利と約束


徳山中央病院の基本姿勢

子どもは国の宝です。出生から乳幼児、児童、思春期を経て成人にいたるまでの小児における疾病のみでなく、健全な人間形成にも関わり貢献したいと考えております。


子供の権利と約束

1.子どもたちは、いつでもひとりの人間として大切にされます。

2.子どもたちは、どんな病気やケガであっても、そのとき一番に良いと考えられる医療を受けることができます。

3.子どもたちは、病気のことや、検査・治療について、自分の年齢や発達の程度に応じて、わかりやすい言葉や絵や道具などをつかって教えてもらうことができます。

4.子どもたちは、自分の病気のことや検査・治療で、わからないことや心配なことを、病院の人や家族につたえることができます。

5.子どもたちは、入院していても、決められた約束の中で、できるかぎり家族と一緒に過ごすことができます。

6.子どもたちは、入院していても、勉強したり、遊んだりすることができます。

7.子どもたちは、自分で自分のことを決めることができないとき、代わりに家族に決めてもらうことができます。

8.子どもたちは、個人の情報はいつでも守られます。

9.子どもたちは、どんなかたちであれ、暴力をふるわれたり、不当な扱いなどを受けたりすることがないように守られます。

10.自分の病気やケガが早くなおって元気になるために、病院のいろいろな決まりを守ってください。

PageTop