病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
広報誌一覧
交通のご案内
お問い合わせ先
ご意見への回答一覧
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
訪問看護ステーションのご案内
健康管理センター
附属介護老人保健施設

初期臨床研修プログラム

プログラムの目的

初期研修の目的は、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるように、
基本的な診療能力を習得することです。基本的な診断能力とは、医療を実践する上で
必要な心構え、態度、知識、思考方法、実技のことで、患者に信頼される医師となるための
基礎です。当院の研修プログラムは、初期研修の目的が十分達成できるよう配慮して
います。

プログラムの特徴

当院は、地域の基幹病院であるため、入院患者、外来患者、救急患者とも非常に多く、各研
修医が多くの症例を経験でき、密度の高い研修を受けることができます。プライマリーケアを
重視した2年間の臨床研修に適していると同時に、高度に専門化した医療も体験できます。
1年目の救急研修では、救急部による講義、実習を受けるとともに、各診療科に特徴的な救
急疾患についても講義を受けることができます。また2年間を通して救急部及び各科専門医
の下で救急研修を行えるようにしているため、高い診療能力がつきます。2年目の地域医療
は、診療所での実地医療を経験してもらいます。その後基本的診療能力の習得のみならず高
度な専門的医療の現場においても研修できるよう、自由選択科として10ヶ月間設定してい
ます。最終の1ヶ月間は選択科とし、不足している経験目標を集中的に研修できるようにし
ています。

臨床研修スケジュール(例)

■徳山中央病院研修プログラム

111d4f6fde678b3b0fe6dccd227ec53a

○まず1年目研修医全員が4月から2ヶ月間救急研修を集中的に行う。
救急外来当直については、一定期間の救急研修を経験・終了した後に勤務することと
  し、週1回程度を2年間通して研修する。
内科 消化器内科、循環器内科、血液・内分泌内科、総合診療内科の中から選択し、合計6ヶ月間研修を行う。
  血液・内分泌内科の研修のうち1ヶ月間は周南市立新南陽市民病院で行うことも可能です。
選択必修科目については、外科、麻酔科、精神科、産婦人科、小児科のなかから
  2~3科目選択し、合計4ヶ月間研修を行う。
  (このうち外科は2ヶ月間、その他の診療科は各1ヶ月間研修を行う)
  精神科の研修は愛命会泉原病院にて行います。


3c3f11b97f84935e00378429a5da3290

地域医療については、研修医が希望する近隣医院・診療所において研修を行う。
自由選択科については、10ヶ月間とするが、上記のとおり、専門期間のなかの
  どこかの期間で1ヶ月間地域医療研修を実施する。
選択科:到達目標の履修が十分でない場合を想定して、研修最後の1ヶ月間を選択科
  として集中的に研修することとする。(全ての診療科を含む)

地域医療研修協力施設

・おのクリニック
・医療法人しのはらクリニック
・医療法人社団高木内科クリニック
・医療法人竹内医院
・光市立大和総合病院
・周防大島町立大島病院
・周防大島町立東和病院
・周防大島町立橘病院
・萩市民病院
PageTop