病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針

神経内科

特色および専門分野


 神経内科は神経全般(脳、脊髄、末梢神経)と筋肉の病気をみる内科です。
 主な症状としては、歩きにくい、立てない、手足がしびれる、うまく力が入らない、動きが悪い、手足がふるえる・勝手に動いてしまう、物忘れが多い、ものが2重に見える、ときどき意識がなくなる、頭が痛いなど、日常生活に支障をきたすようなものが多いです。

  詳しくは下記の日本神経学会ホームページをご覧ください。
  https://www.neurology-jp.org/public/disease/index.html

 当科は現在、常勤医1名、非常勤医2名の体制で、神経疾患全般の入院・外来診療を行っています。主な診療内容は以下の通りです。

脳卒中(脳梗塞、脳出血):脳梗塞、脳出血の急性期に対して内科的治療を行っています。特に脳梗塞超急性期の血栓溶解療法や血管内治療は当院脳神経外科と協力して施行しています。治療後は症状の回復度に合わせて回復期リハビリテーション病院などへの転院をお願いしています。

神経変性疾患(パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など):主に外来で診断、加療を行っています。パーキンソン病に対する外科的治療(脳深部刺激術)は他施設と共同で治療に当たっています。脊髄小脳変性症に対する遺伝子診断をご希望の際は山口大学遺伝子相談外来などへ紹介しています。

免疫性神経疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎、血管炎、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、筋炎、重症筋無力症など):筋炎、血管炎などに対しては筋生検、神経生検を行っています。診断は山口大学神経内科に依頼し、診断に応じてステロイドや免疫抑制剤内服、血液製剤点滴を行います。疾患によっては当院泌尿器科と共同して血液浄化療法も施行しています。

その他:眼瞼痙攣や痙性斜頚、上下肢痙縮に対するボトックス治療を行っています。当院では家族性痙性対麻痺や皮質基底核変性症などの変性疾患に対するボトックス治療も実施しています。
 救急疾患(けいれん重積、髄膜炎、脳炎など)は当院救急科と協力して随時対応しています。
 また、神経難病(神経変性疾患、筋ジストロフィーなど)に対する在宅医療は、周南圏内の開業医の先生方と連携して治療に当たっています。


診療スケジュール

曜日/時間 午前 午後
月曜日 安部 真彰(初診)
市川 靖充(再診)
火曜日 市川 靖充(初診)
水曜日 原田 暁(初・再診)
木曜日 小笠原 淳一(初・再診)
金曜日 安部 真彰(再診)

担当医師

部長 安部 真彰 平成14年 日本内科学会認定医・日本神経学会専門医・日本リハビリテーション医学会臨床認定医・日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
日本内科学会・日本神経学会・日本リハビリテーション医学会・日本プライマリ・ケア連合瓦解
医長 市川 靖充 平成9年 日本内科学会認定医・日本神経学会指導医・日本脳卒中学会専門医
日本内科学会・日本神経学会・日本脳卒中学会・日本リハビリテーション学会・日本頭痛学会・てんかん学会
非常勤 原田 暁
非常勤 清水 文崇

主な検査機器等


CT、MRI、EEG、筋電図、誘発電位測定装置、SPECT(脳血流シンチ)

PageTop