病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針

物忘れ外来


 わが国は、超高齢化社会を迎えようとしていますが、幾つになっても心身ともに健康でいたいものですね。自分らしく生きるためにも、頭の健康をおろそかにはできません。

50歳を過ぎると人の名前がなかなか出てこない等の経験はどなたにもあるのではないでしょうか。それが、年相応の物忘れか、病的な物忘れか、認知機能の低下を引き起こす身体疾患の一症状か等、早期に鑑別診断をすることはとても大切なことです。

早期に治療をすれば、すっかり元通りに改善する病気も有ります。

そこで、当院では、次のように「物忘れ外来」を新設いたしました。

初診日には、医師による診察、神経心理検査、血液検査やMRI、脳血流シンチ等の画像診断の予約を行います。

初診時の診察は、神経心理検査を含め2時間程度かかりますので、完全予約制とさせていただきます。

 

1.診察の対象

・主に認知症の早期診断を目的とします。

診断が確定し、継続治療が必要になった場合は、原則として近くの「かかりつけ医」を紹介します。当院では半年~1年に1回の定期的評価・相談を行います。

・入院病床はありませんので、症状によっては適切な医療機関をご紹介することがあることをあらかじめご了承ください。

 

2.受診方法

診察は完全予約制です。

 

3.診察日及び担当医師

 

曜日区分

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

午前

宮本(再診)

宮本(再診)

宮本(再診)

宮本(再診)

午後

宮本(初診)

宮本(再診)

宮本(再診)

宮本(初診)

 

4.予約・問い合わせ

・電話 0834-28-4411(代表) 14:00~16:00(月曜日~金曜日)

・物忘れ外来窓口にお越し下さい。

 

5.診療実績
 平成25年3月~平成26年2月の1年間の新規患者数は181人でした。その内訳は最も多いのがアルツハイマー型認知症で全体の43%を占め、続いて血管性認知症が15%、混合性認知症が12%、軽度認知症(アルツハイマー病変化を含む)が10%でした。その他、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、意味性認知症、正常圧水頭症、嗜銀顆粒性認知症(暫定)が続きました。
 また、年相応の方、過労や甲状腺機能低下症など身体因性、神経症性障害や注意欠如多動性障害など精神疾患の方も物忘れを認知症ではないかと心配して受診されました。

担当医師

主任部長 宮本 光一郎 平成4年卒 厚生労働省精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医/指導医・日本プライマリケア連合学会認定医/指導医・日本認知症学会専門医/指導医・日本医師会産業医・厚生労働省死体解剖資格(病理)
日本サイコオンコロジー学会・日本精神神経学会・日本認知症学会・日本認知神経科学会・日本緩和医療学会・日本プライマリケア連合学会
PageTop