病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針

循環器内科

山口県東部の中核病院として、あらゆる心臓疾患を総合的に診療しています

虚血性心臓病(心筋梗塞、狭心症など)、心不全、不整脈には特に高いレベルで専門的な診療を行っています。また検査、治療にあたっては、医師、看護師らスタッフが十分に説明を行い、不安を少なくするよう努 力しています。 年間約150例の急性心筋梗塞症例の紹介搬送を受け入れており、24時間対応の心臓カテーテル室を フル稼動させ、迅速かつ確実な血行再建(再還流療法)を行っています。 重症心不全症例に対しては薬物治療を行いますが、最重症例には経皮的心肺補助(PCPS)や大動脈内 バルーンパンピング(IABP)を用いて循環を補助したり、両心室ペーシング(CRT)を追加しています。このよ うな最重症例でも救命でき、社会復帰した症例を多数経験しています。 不整脈治療はカテーテルアブレーションによる根治術を行っていますが、危険性の高い不整脈には植え込 み型除細動器を使用してQOLの向上や突然死の予防を行っています。

当循環器科の特徴としては

① 循環器内科スタッフ全員が協力しあって患者の治療に取り組んでいること。
② 心臓外科と連携して治療を行っていること。
③ 24時間常時、専門医が循環器救急に対応しており、短時間で全員による治療を行うことができること。
④ 地域の医療機関からの受け入れ体制ができていること。
⑤ 治療実績を学会等に多く発表し、高い評価を受けていること。
⑥ 常に若い医師を育て、皆が話し合いの中で切磋琢磨して成長していけるようにしていること。


などがあげられます。 今後も地域の病院や開業医の先生方と密接に連携し、地域に根ざした医療の一層の充実を図るべく、努力して参ります。

診療スケジュール

曜日/時間 午前 午後
月曜日 小川 宏
分山 隆敏
田中 正和
竹中 仁
火曜日 分山 隆敏
岩見 孝景
平塚 淳史
加藤 孝佳
水曜日 分山 隆敏
原田 希
平塚 淳史

木曜日 小川 宏
岩見 孝景
田中 正和
加藤 孝佳
金曜日 岩見 孝景
原田 希
木下 奈津

担当医師

主任部長 分山 隆敏 昭和60年卒 日本内科学会専門医/指導医・日本心血管インターベンション治療学会指導医・日本循環器学会専門医・日本心血管インターベンション治療学会認定医/専門医・日本プライマリ・ケア連合学会認定医/指導医
日本不整脈学会・日本超音波医学会・日本循環器学会・日本心臓病学会・日本内科学会・日本心血管インターベンション治療学会・日本ペーシング・電気生理学学会・日本心不全学会・日本内科学会中国支部評議員・日本心血管インターベンション治療学会中国四国支部評議員American College of Physician Felow of Japaness College of Cardiology
副主任部長 岩見 孝景 平成2年卒 日本内科学会専門医・日本循環器学会専門医・総合内科専門医・日本心血管インターベンション治療学会認定医/専門医・プライマリ・ケア認定医/指導医・日本医師会認定産業医
日本心臓病学会・日本不整脈学会・日本超音波医学会・日本内科学会・日本循環器科学会・日本インターベンション治療学会
部長 田中 正和 平成9年卒 日本内科学会認定医・日本循環器学会専門医・日本医師会認定産業医
日本高血圧学会・日本心臓病学会・日本心血管インターベンション治療学会
部長 原田 希 平成9年卒 日本内科学会認定医・日本循環器学会専門医
日本心臓病学会・日本インターベンション学会・日本超音波医学会>
部長 平塚 淳史 平成17年卒 日本内科学会認定医
日本循環器学会・日本不整脈学会・日本心臓病学会
医長 加藤 孝佳 平成17年卒 日本内科学会・日本循環器学会・日本心臓病学会・日本不整脈心電学会
医員 竹中 仁 平成25年卒 日本内科学会・日本循環器学会
医員 木下 奈津 平成26年卒 日本内科学会・日本循環器学会
非常勤 小川 宏 昭和49年卒 日本内科学会認定医・日本循環器学会専門医・日本心血管インターベンション治療学会認定医/専門医
非常勤 清水 昭彦 昭和54年卒 山口大学大学院医学系研究科保健学科教授

患者さんの紹介について

救急患者さんに対しては、24時間常時、病院又は自宅待機で対応しています。

新しい医療機器について

新しくバイプレーンシネアンギオ装置を購入し、従来の装置とあわせて常時2台使用可能になりました。 また不整脈解析装置(エンサイト)も導入しました。 救急患者の緊急心カテや慢性完全閉塞(CTO)患者の治療に十分に時間をかけることができるようになりました。 またバイプレーンシネアンギオ装置とエンサイトを併用することで不整脈治療がやりやすくなりました。
PageTop