病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針

小児科

こどもにやさしく、明るい小児科

当院小児科の診療方針の3本柱は、

① 入院医療、② 未熟児・新生児医療、③ 二次救急医療への責任ある対応 です。

入院医療については周南地域には急性期のこどもが入院できる医療機関が当院以外になくなったため、入院の必要な

こどもはすべて受け入れるようにしています。

未熟児・新生児医療についても周南地域で唯一の未熟児・新生児医療のできる施設であり、当然のことながら当院が

責任をもたなければなりません。

二次救急医療についても①と同様の理由から当院小児科にその重責がかかっています。これら3本柱はいずれも

24時間対応が必要です。そのために8人の小児科医が、地域の小児科や当院の内科系、外科系の先生方の協力を得なが

ら24時間、365日対応できる体制をとっています。これらの体制を維持するために、小児科医のさらなる増員に向けて

努力しています。

小児科の守備範囲は広く、少ない小児科医ですべての分野をカバーすることは到底できませんので、

専門的な分野(新生児外科疾患、心臓疾患、血液疾患、神経疾患、難治性疾患)については県内外の

専門医と連携して診療するようにしています。

小児救急医療については、周南地域では全国のモデルとなるような先進的な取り組みをしています。

平成20年12月1日に徳山中央病院内に『周南地域休日・夜間こども急病センター(周南こどもQQ)』を開設し

5年が経過しましたが順調に運営されています。時間外に困ったときは、まず

こども急病センター(日曜・祭日の9:00~16:30、365日の19:00~21:30受付)

受診してください。

そこでは地域の小児科医(周南市、下松市、光市)が診察し、入院や検査の必要があれば、当院小児科に

紹介されます。

つまり、徳山中央病院1ヶ所ですべての問題が解決するわけです。したがって、周南地域では

小児救急患者のたらい回しが起こることはありません。

日頃からかかりつけ医を決め、早めに受診するように心掛けてください。そして、急病のときの対処法を

学び、休日や夜間は『周南こどもQQ』をうまく利用してください。前にも述べましたが、小児科医8人で

24時間・365日体制を維持してます。深夜帯の不要不急の受診はできるだけ控えていただき、緊急を要するとき

以外は朝まで待ってかかりつけ医を受診して下さるようお願いします。

 

小児科医の役割


少子化の進行の中で求められる小児科医の役割はどのようなものでしょうか?それは病院内に

とどまらず、広い視野をもって、地域・社会に積極的に出て行くことではないかと考えています。

以下の5つが主なものと考えます。

 
1.生まれてくるこどもたちを一人でも多く助ける!

(新生児・未熟児医療、小児救急医療)

2.生まれたこどもたちの健やかな成長を促す!

(病気の診断・治療、乳幼児健診、予防接種)

3.生まれたこどもたちを守る!

(事故予防、禁煙運動、生活習慣病予防)

4.心身ともに健康なこどもに育てる!

(子育て支援、こどもの心に関心を持つ)

5.ハンディキャップを持ったこどもの療育に努める!

(施設と地域で患者と家族を支える)


『こどもにやさしく、明るい小児科』をモットーに、地域の期待に応えられるように頑張っていきたいと

思います。

 

診療スケジュール

曜日/時間 午前 午後
月曜日 内田 正志
石川 尚子
坂田 恭史
[心臓外来]
大西 佑治(第1・3週)
[慢性疾患]
内田 正志
[未熟児]
立石 浩
火曜日 立石 浩
石川 尚子
[乳児健診]
[予防接種]
水曜日 内田 正志[学生指導]
堀田 紀子
小林 光
[慢性疾患]
堀田 紀子
小林 光
[心臓外来]
大西 佑治(第2・4週)
木曜日 石川 尚子
坂田 恭史
小林 光
[慢性疾患]
藤田 京子
伊藤 智子
[心臓外来]
(第2、4週)
鈴木 康夫
金曜日 立石 浩
堀田 紀子
[慢性疾患]
内田 正志
石川 尚子
坂田 恭史
[小児内分泌]
福田 謙
※第4金曜のみ
 

PageTop