病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
看護部の紹介
コメディカルの紹介
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針

子宮頸がん予防ワクチンの接種を開始しました。


uterus_title

 徳山中央病院は、県内に5ヶ所ある「地域がん診療連携拠点病院」の一つとして、がんの早期発見による早期がん治療はもちろんのこと、抗がん剤による化学療法や放射線治療法、手術療法など、高度・専門的な治療をはじめとして、ターミナルケア:緩和医療までのがんの全ての病期・病態において、医療関係者全員が連携したチーム医療により、がんの治療に全力で取り組んでまいりました。
 しかし、近年、早期治療よりまた一歩進んだがんの予防としてのがんワクチンの開発が進んでおり、今回、子宮頸がんに対して非常な効果が期待され、すでに世界100ヶ国以上で使用されている「子宮頸がん予防ワクチン」が、国内においても使用可能となりました。
 若い女性において罹患率の一番高い子宮頸がんに対して、約7割の予防効果が期待される「子宮頸がんワクチン」は、是非受けていただきたい予防効果のあるワクチンと考えております。
 当院も、平成22年1月12日から接種を開始しています。癌から身を守るために、ご検討いただきたくご案内申し上げます。
uterus_title02

 「子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス)」は、平成21年10月に厚生労働省が承認し、12月から国内で販売されるようになりました。
 子宮頸がんの原因は、近年の研究により、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染であることがわかっています。
 多くの場合、性交渉によって感染すると考えられており、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)は、すべての女性の約80%が一生に一度は感染していると報告があるほど、とてもありふれたウイルスと言われています。
 「子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)」を発見した「ドイツがん研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン博士」に2008年ノーベル生理学・医学賞が授与されました。この研究成果をもとに予防ワクチンが開発され、現在、アメリカ、ヨーロッパの国々をはじめ世界100ヶ国以上で使用されています。
uterus_title03

 子宮頸がんは、子宮の入り口にできるがんで、ウイルスへの感染が主な原因とされています。国内で子宮頸がんを発症する患者さんは1年間に約8,000人、上皮内がんを含めると約15,000人と推計されます。そして、1年間に約3,500人の方が子宮頸がんによりなくなっています。
 特に、20~30歳代においては、女性のがんの中で罹患率が一番高いがんであり、20~30歳代で発症すれば、その後40~50年の生涯にわたって長期に付き合っていかなければならないがんといえます。

(子宮の構造と子宮頸がん)
uterus_contents
(女性の各種がんの発症率の推移) (子宮頸がんの罹患率、死亡率の年齢分布)
uterus_contents02 uterus_contents03

uterus_title04

 子宮頸がんの原因となる発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)は約20種類ありますが、子宮頸がんワクチンは、中でも発がん性の高いHPV16型と18型への感染を予防するワクチンです。
 これらのウイルスへの感染を防ぐことで、子宮頸がんの約7割程度が予防できるといわれています。
 ウイルスに感染してもほとんどは自然に排除され、何度でも感染しますので、成人女性でも、ワクチンを接種することで、再感染を防ぐことができ、子宮頸がんの予防に有効です。

uterus_title05

○ 接種開始 : 平成22年1月12日(火曜日)から開始しています。
○ 対象者  : 10歳以上の女性
         ※ 徳山中央病院では、中学生までは「小児科」で、高校生以上は「産婦人科」
           で接種をおこないます。
○ 接種回数 :  6ヶ月間に3回の接種が必要です。1回に0.5mlを、筋肉内注射します。
         ※ 1ヶ月後に2回目を、6ヶ月後に3回目の接種をおこないます。
           予防ワクチンの効果を十分に得るためには3回の接種が必要です。
○ 費  用 : 1回目  18,140円(消費税込)
         2回目(1ヶ月後)  14,780円(消費税込)
         3回目(6ヶ月後)  14,780円(消費税込)
         ※ 健康保険の適用が有りませんので、全額本人負担となります。

uterus_title06

○ 子宮頸がん予防ワクチンには、子宮頸がんの治療効果はありません。また全ての発がん性HPVの
  感染を防ぐものではありませんので、20歳を過ぎたら定期的な子宮頸がんの検診をお勧めしま
  す。

○ ワクチンの接種と定期的な子宮頸がん検診の受診により、子宮頸がんは、ほぼ100%予防でき
  ると考えられています。今後、子宮頸がん予防ワクチンが広く使用され、日本での子宮頸がんの
  発症予防に大きく貢献してくれることを期待しています。


- 詳しくは、「子宮頸がん情報サイト:allwomen.jp」をご覧ください。  -


uterus_title07

(疾患説明用資料:グラクソ・スミスクライン株式会社)全30ページ


PageTop